小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:原作:東方project (4309件)

連載 41 話
全 73,914 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/05/29
11:54
[!]
存在を忘れ去られた、忘れかけられた物が流れ着く幻想郷▼また幻想郷に迷い人が現れる▼感想、評価はご自由に
☆10:
☆9:
☆8:1
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):10,756/282/872|お気に入り:72|感想:5|投票者:1|平均:1,803 字 除外 タグ報告
連載 3 話
全 3,456 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/05/29
11:40
[!]
パチュリー好きの現代の人の家に、パチュリーさんが居候するお話。
☆10:
☆9:
☆8:1
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:1
☆0:
UA(通算/今週/先週):1,516/425/37|お気に入り:30|感想:2|投票者:2|平均:1,152 字 除外 タグ報告
連載 20 話
全 98,674 字
調整平均:7.19
 7.19
2017/05/29
11:00
[!]
『幻想郷が家の中にできた』という摩訶不思議な現象に頭を抱える家主の主人公。▼テレビの前に博麗神社、リビングに広がる紅魔館、自室横に鎮座する白玉楼。そんな幻想郷の住民がおとなしくしているはずもなく―― これは規格外の能力なんて一切持たない普通の少年と、小さくなった幻想郷の住民が織り成す奇想譚。なぜこうなった?▼※なんか見たことある名前があるかと思いますが別人です。『東方神殺伝~八雲紫の師~』とは一切関係ありません。
☆10:11
☆9:9
☆8:4
☆7:1
☆6:1
☆5:1
☆4:1
☆3:
☆2:2
☆1:6
☆0:1
UA(通算/今週/先週):121,455/6,720/7,082|お気に入り:2,443|感想:161|投票者:37|平均:4,934 字 除外 タグ報告
連載 1 話
全 1,715 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/05/29
10:00
[!]
その少年は、哀れだった。▼親族は居ない、友人も居ない少年。▼彼の周りにある物は、孤独と静寂と―――意味の無い力のみ。▼孤独な少年は嗤った。意味もなく只、馬鹿な人間たちに向けて。▼そんな少年は、いつしか幻想の地を踏んでいた。いつかの“真実”と新たな“難題”を生む異変を解決するという使命を与えられ、幻想を駆けて過去に想いを馳せて。▼彼は、無意識の内に“幻零氷樹”という物語を創ってしまう。理由は簡単、それが彼の進むべき道だから。
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):75/75/-|お気に入り:1|感想:0|投票者:0|平均:1,715 字 除外 タグ報告
短編 1 話
全 2,102 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/05/29
08:36
[!]
証明しましょう。私が妖怪であることを。
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):174/174/-|お気に入り:0|感想:0|投票者:0|平均:2,102 字 除外 タグ報告
連載 86 話
全 442,466 字
調整平均:4.17
 4.17
2017/05/29
08:24
[!]
全てに忘れられて遠くで生きていきたいと願った少年、月風陽。▼幻想郷へとやってきた彼が最初に出会ったのは賢者の八雲紫だった。▼人間であり何にもなすがままにして世界から消えてしまいたいと願った彼と幻想郷て賢者とまで呼ばれる彼女が出逢えばどのような事になるのか。▼それは恐らく彼ら自身にもわからないことだろう。▼なろうの方の新規改訂版です。▼マルチ投稿です。▼2016/10/21追記▼この作品の無断転載を禁止します。
☆10:
☆9:
☆8:1
☆7:1
☆6:
☆5:1
☆4:
☆3:1
☆2:
☆1:2
☆0:
UA(通算/今週/先週):10,356/156/372|お気に入り:52|感想:37|投票者:6|平均:5,145 字 除外 タグ報告
 東方無限録
原作:東方project 作:0931
連載 6 話
全 6,732 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/05/29
08:16
[!]
主人公神山 聖夜 (かみやま せいや)▼は▼なんやかんやあって転生して死にかけて▼無双するのであった▼注意▼・主人公チート▼・不定期投稿▼・初投稿▼・毎回短い▼・ギャグ多め▼・意味わからない表現の仕方▼・表現力0▼以上がおーけーな方のみ先にお進み下さい▼この無限録は▼ヒロインは決まっておらず▼決まった話(50、100等々)▼で今まで出てきたキャラから▼人気投票を行います▼そうして見事1位を取った▼キャラには▼ヒロインになっていただきます…
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):273/181/92|お気に入り:1|感想:0|投票者:0|平均:1,122 字 除外 タグ報告
連載 30 話
全 197,894 字
調整平均:7.64
 7.64
2017/05/29
07:31
[!]
古明地さとりは悟り妖怪である。▼それは当たり前であり普通でありこの幻想郷でも変わらないことである。▼でも一つだけ……一つだけ当たり前でない事があったら、他とは決定的に違ったナニカがあったらどうだろうか。▼それは本当に正しい姿なのか。間違った姿なのか▼これは私…自称普通とは違う古明地さとりの語らいである。▼「おねーちゃーん!何書いてるの?」▼「ふぇ⁉︎こ、こいし、何見てるの!あ、コラ!やめなさい‼︎」▼【挿絵表示】▼画像はカラーユさんに描…
☆10:6
☆9:18
☆8:6
☆7:4
☆6:4
☆5:1
☆4:
☆3:3
☆2:1
☆1:4
☆0:
UA(通算/今週/先週):57,651/1,749/5,539|お気に入り:975|感想:56|投票者:47|平均:6,596 字 除外 タグ報告
連載 20 話
全 139,645 字
調整平均:8.74
 8.74
2017/05/29
05:14
[!]
「おはよー!」▼ 満ちた月が輝く初夏の夜。一人で外を眺めていたフランドールに元気よく朝の挨拶をしてきたのは、胸の前に閉じた三つ目の瞳を携えた見たこともない妖怪の少女だった。▼ そんな奇妙な出会いの中、ふとしたことをきっかけに二人は一つの組織を立ち上げることになる。▼ 組織の名は妹同盟。主に吸血鬼と覚妖怪の二人による、幻想郷を超本気で支配しようとなんかいろいろ頑張ろうとする感じの、とてもすうこうな組織である。
☆10:6
☆9:14
☆8:10
☆7:2
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:1
☆0:
UA(通算/今週/先週):22,557/734/1,621|お気に入り:437|感想:26|投票者:33|平均:6,982 字 除外 タグ報告
連載 2 話
全 8,752 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/05/29
02:23
[!]
▼さよならだ、インテグラ▼あの夜……狂った少佐が率いる一千人の吸血鬼と三千人の十字軍と王立国教騎士団による三つ巴の戦いでロンドンの街は火の海となり総てが灰と化した。▼その戦いで最凶の吸血鬼アーカードという化物は消滅した。▼しかし、消えたかと思われた彼が辿り着いたのはそこは無数の人外の化物が跋扈する幻想の地だった。▼生きてる世界が違う、闘争の中で生きた化物には生温すぎるこの世界でアーカードは何を思うのか――果たして愛しの主の元へ帰ることは…
☆10:
☆9:
☆8:
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):454/454/-|お気に入り:8|感想:3|投票者:0|平均:4,376 字 除外 タグ報告