小説検索
キーワード  検索方法 検索関係の設定
原作 並び替え
▼詳細検索を行う
1話文字数 総文字数
平均評価 総合評価
お気に入り数 感想数
話数 投票者数
絞込設定
除外設定




常に除外検索を行いたい場合はこちら

キーワード:茶道 (5件)

連載 31 話
全 232,348 字
調整平均:4.50
 4.50
2017/05/28
00:47
[!]
戦車道▼ 戦車を操り、戦車同士で戦う武道で礼節のある、淑やかで慎ましく、凛々しい婦女子を育成する事を目指した武芸とされ、華道に茶道と言った大和撫子の作法の1つになっている。▼ 戦機道▼ 軍用機を操り、軍用機同士で戦う武道で健全なる肉体と精神、和と誇りを重んじ、芯の入った漢を育成する事を目的とした武道だが、その知名度は戦車道程は高くない。▼ これはとある少年が敗走した先で手に入れた仲間と誇りと愛機で失った名誉と栄光を取り戻す物語。▼ 作…
☆10:
☆9:2
☆8:
☆7:2
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:4
☆0:
UA(通算/今週/先週):14,743/321/623|お気に入り:87|感想:26|投票者:8|平均:7,495 字 除外 タグ報告
連載 1 話
全 4,639 字
調整平均:0.00
 -.--
2017/04/29
12:42
[!]
▼“ニセモノ”は要らず“ホンモノ”を渇求した者。 ▼“ニセモノ”から“ホンモノ”に変わった瞬間を見た者。▼二人が出逢ったとき、再び運命が動き始める。
☆10:
☆9:
☆8:2
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:1
☆0:
UA(通算/今週/先週):2,548/21/114|お気に入り:70|感想:3|投票者:3|平均:4,639 字 除外 タグ報告
連載 66 話
全 312,213 字
調整平均:8.84
 8.84
2017/04/08
00:01
[!]
『父の遺した茶道具は、付喪神になっていました』▼茶道が原因で家族を亡くした茶道嫌いの大学生、若月千尋。▼彼に遺された尾道の茶房・夜咄堂(よばなしどう)には、茶室と古い茶道具が備わっていた。▼売却するつもりの夜咄堂で、茶道具の付喪神を名乗る少女らと出会った千尋は、▼予定を変更し、夜咄堂を経営する事を決める……▼千尋と付喪神、そして一服を所望する客達のおりなす、風流な茶道具擬人化物語。▼※旧題「お抹茶セット五百円(お薄茶・和菓子・付喪神)」…
☆10:5
☆9:18
☆8:4
☆7:1
☆6:
☆5:3
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):24,884/67/178|お気に入り:552|感想:23|投票者:31|平均:4,731 字 除外 タグ報告
連載 7 話
全 73,567 字
調整平均:4.17
 4.17
2017/03/25
22:32
[!]
戦車道・・・それは、戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並んで大和撫子の嗜みとされている世界だ。古くから『乙女の嗜み』として存在していた武道と言われてる。 この武道は、非力な女性であっても、戦車を用いれば強大な力を以た。て正々堂々と戦えるためで、女性騎兵隊に優先的に支給されたために広がったとされるから女性にはとても人気が栄えた。▼日本に戦車が輸入された当時、武士道精神を重んじる男性には「戦車は非力な者が操るもの」という流れが広まって…
☆10:1
☆9:
☆8:
☆7:1
☆6:1
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:2
☆0:1
UA(通算/今週/先週):6,093/12/54|お気に入り:29|感想:2|投票者:6|平均:10,510 字 除外 タグ報告
連載 18 話
全 49,766 字
調整平均:0.00
 -.--
2016/10/01
22:56
[!]
軍艦道。▼華道、茶道、戦車道に並ぶ乙女のたしなみである。▼かつてその強豪校とうたわれた横須賀女子海洋学校は、時代の変化により廃校に追い込まれようとしていた。▼その時、校長宗谷真雪は思いつく。「なんか茨城のほうで似たような事があったわね」と。▼こうして横須賀女子軍艦道は再スタートを切ることとなった! すべては学校を守るため。▼ところが待っていたのは金なし・弾なし・連携なしの三重苦。残ったのは古い巡航艦「晴風」のみ。▼果たして横須賀女子海洋…
☆10:
☆9:
☆8:1
☆7:
☆6:
☆5:
☆4:
☆3:
☆2:
☆1:
☆0:
UA(通算/今週/先週):5,935/7/24|お気に入り:38|感想:17|投票者:1|平均:2,765 字 除外 タグ報告